フィリピンのドゥテルテ大統領「外出禁止を守らない者は射殺」

市況ニュース
この記事は約2分で読めます。

フィリピン大統領「違反者がトラブル起こすなら射殺」で物議

フィリピンで新型コロナウイルスの対策として、厳しい移動制限の措置がとられていることに関連し、ドゥテルテ大統領はテレビ演説で「違反者がトラブルを起こすようなら、射殺するよう警察と軍に命じた」と述べ、強硬な取締りも辞さない考えを示し物議を醸しています。

フィリピンでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとして、首都マニラがあるルソン島全域で先月17日から、およそ1か月にわたって生活に必要な食料品店などの仕事以外では、自宅からの外出を制限する措置がとられています。

これについてドゥテルテ大統領は、1日夜に行ったテレビ演説で「違反者がトラブルを起こし公共の危険となるようなら、射殺するよう警察や軍に命じた」と述べて、強硬な取締りも辞さないという考えを示しました。

NHK News Web『https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200402/k10012365031000.html』(2020/04/02時点)
のってぃー
のってぃー

フィリピンのドゥテルテ大統領がテレビ演説で、
「違反者がトラブルを起こすようなら、射殺するよう警察と軍に命じた」と発言しました。
感染拡大をおさえるためには強硬姿勢も辞さない考えです。

猫太郎
猫太郎

えっ、そこまでしなくても・・

のってぃー
のってぃー

ドゥテルテ大統領はこれまでにも麻薬撲滅を掲げて売人を次々と処刑するなど、強硬姿勢で知られているから、今回もガチで射殺もありえるかもしれないね。

猫太郎
猫太郎

大人しく家にいますにゃ。。

タイトルとURLをコピーしました