投資信託とは?メリット・デメリットを初心者にもわかりやすく解説

投資信託のイメージ投資の勉強
この記事は約7分で読めます。
猫太郎
猫太郎

投資信託ってなんにゃ?
だいたい投資って聞くと、なんだかすごく怖いイメージがあるにゃ。

のってぃー
のってぃー

あまり恐れるでないよ。投資信託について一緒に見てみよう。

投資信託とは何か?

投資信託とは、複数の投資家から資金を集めてファンドを組成し、ファンドマネージャーと呼ばれるプロが資金を運用することで得られた利益を投資家へ分配する、という仕組みの金融商品です。

わかりやすいように投資信託の仕組みを図にしてみました。

ビジネス図解研究所 『ビジネスモデル図解ツールキット』にて作成

図について解説します。

投資信託の流れ

私たち投資家が、証券会社や銀行といった販売会社を通して投資信託を購入し、代金を支払います。

販売会社は、複数の投資家から集めた代金を、受託会社(信託銀行など)へ払い込みます。

, 受託会社は、受け取った代金をファンドに集め、そのお金で国内外の株式・債権・不動産市場などに投資を行います。

市場での運用の結果儲かったお金はファンドに払い込まれ、受託会社、販売会社を経由して分配金、償還金という形で私たち投資家に還元されます。

図左下にいる委託会社は、受託会社に対して資産運用のアドバイスを行う役割です。委託会社にも受託会社にも、ファンドマネージャーと呼ばれるプロが存在し、市場の動きに応じて日々運用を行います。

猫太郎
猫太郎

うわー、いろんな会社が関係しているんだにゃー。

のってぃー
のってぃー

そうだね。じゃあ次に、投資信託にはどんなメリットがあるのかも見てみよう。

投資信託のメリットとは?

投資信託には次の3つの特徴的なメリットがあります。

それぞれについて解説します。

簡単に分散投資ができる

分散投資とは、資産の投資先を1つより2つ、3つ…と複数に分散することです。
では、なぜそれがメリットなのでしょうか?

資産運用の世界には、先人たちの経験に基づく格言が多く残されています。その格言の中でも有名なものに「卵は一つのカゴに盛るな」というものがあります。

これは、大事な卵を同じカゴに入れていると、何かの弾みでカゴを落とせば全て割ってしまう。複数のカゴに分けて入れておけば、一部は割れても他の卵は守ることができる。
ということを、お金を卵に例えて語っているものです。

古くは世界恐慌、近年ではリーマンショックや3.11など、市場がいつ急落するかを予測することは困難です。
あらかじめカゴを分けておくことで大事なお金を守れる可能性が上がるのであれば、分散投資を行うのは有意義なのではないでしょうか。

投資信託であれば、国内外の複数の企業の株式、債権、不動産などに簡単に投資することができます。

のってぃー
のってぃー

分散投資は、その性質上守りの投資手法です。
資金が少ない投資家は、分散投資を行うことが必ずしも正解というわけではありません。分散せず、利回りの良い運用方法に一点集中した方が、リターンが増えることもあるからです。
私は最低限守りたい金額だけを投資信託で運用し、残りはリスクの高い個別企業の株式などで運用しています。

少ない資金でも始められる

自分で株式を購入する場合、1口いくら、最低何口からというルールが決まっており、購入する株式の相場価格に応じて数万円〜数百万円の資金を用意する必要があります。

一方の投資信託は、販売会社によっては最低100円から購入することができます。

投資信託の場合も、株式と同じように価格(基準価格)が決まっているのですが、ファンドが複数の投資家から資金を集めてまとめて市場に投資するという仕組み上、自分1人で購入価格の全額を払えなくても良いのです。(その場合、ご自身が保有できる投資信託は1口未満になります。)

まずは少額から資産運用を始めたいと思っている方にはメリットになるのではないでしょうか。

プロに資産運用をおまかせできる

投資信託の投資先は、国内・先進国・途上国、株式・債権・不動産・金・銀・プラチナなど、その組み合わせによって多岐に渡ります。
いくら興味があっても、個人の投資家がその全ての詳細や動向を把握し、投資を行うというのは手間も時間もかかりますよね。

投資信託であれば、投資家が行うのはどの投資信託を買うか、いくら分をいつ買うかを決めるだけですから、圧倒的に楽になります。

仕事や家事、学業が忙しくて資産運用に割ける時間が少ない、まだ資産運用の勉強を始めたばかりだけどすぐにでも投資を始めたい、という方にはメリットになるのではないでしょうか。

猫太郎
猫太郎

メリットについてはわかったにゃ。でもデメリットの方が大きいなんてことはないのかにゃ?

のってぃー
のってぃー

さすが猫太郎くん!もちろんデメリットもあるから、紹介するね!

投資信託のデメリットとは?

投資信託には主に次の2つのデメリットがあります。

それぞれについて解説します。

手数料が異常に高いものが紛れ込んでいる

猫太郎
猫太郎

むむ!手数料!?僕が一番嫌いなものにゃ!

のってぃー
のってぃー

最近では各社が手数料を引き下げる傾向にあるんだけど、以前に組成された投資信託では手数料が高いまま残っているものも多いんだ。
手数料はサービスの正当な対価だけど、ちゃんと相場を知って、必要以上の手数料を払わないように投資家側が意識する必要があるよ。

では、投資信託にはどのような費用がかかるのでしょうか。
下表は、投資信託を購入してから売却するまでにかかるトータルコストをまとめたものです。

名称支払時期概要
購入時手数料購入時購入価格の数%を販売会社に支払う。
信託報酬保有時保有額に応じて委託会社・受託会社・販売会社の3社へ支払う費用。
監査報酬保有時決算ごとに監査機関に支払う費用。
売買委託手数料売買時ファンドが投資する株式などの売買にかかる費用。
信託財産留保額換金時投資信託を購入・売却する際に購入時手数料とは別にかかる費用。

投資信託協会『投資信託のコスト』参照

投資信託の仕組みの図でご覧頂いたように、投資信託の販売〜運営には多くの企業が関わっています。各社は営利企業ですので、投資家からそれぞれ手数料を徴収しているのです。

猫太郎
猫太郎

えぇぇ!こんなに手数料の種類があるのかにゃ!
一体いくら取られるんだにゃ!

のってぃー
のってぃー

まあまあ。全ての投資信託で上記の費用が必ずかかるわけではないよ。
最近の比較的新しい投資信託では、購入時手数料が無料(ノーロード)だったり、信託報酬がとても低かったりするものもあるよ。

投資信託では、運用方針などの重要事項を詳細に記述した「目論見書」という書類があり、投資家が投資を実行する前に必ず交付することになっています。

この目論見書をよく確認し、リターンに見合った手数料の投資信託かどうか見極めることが重要です。

もっと知りたい方は

投資信託の種類、リターンが高い、手数料が安いおすすめの投資信託については、別記事でまとめる予定です。

株価・為替・金利相場の下落で元本割れのリスクがある

投資信託は、大勢の投資家から集めたお金で株式・債権・不動産などに投資して運用する仕組みです。
そのため、投資先の株式・債権・不動産の価格が下落すると元本割れをおこす可能性があります。

また、投資信託によっては、日本円ではなく各国通貨で投資を行なっているものもありますので、その場合は為替相場の変動の影響も受けます。

さらに、債権に投資するタイプの投資信託の場合、金利変動の影響も受けますので注意が必要です。

猫太郎
猫太郎

うーん。投資信託いいにゃって思ったんだけど、手数料とか元本割れとかちょっと怖いにゃ。

のってぃー
のってぃー

そうだね。ちゃんとした投資信託を選ばないと損ばかりしてしまうから気をつけないとね。
次回は猫太郎くんにもおすすめできる投資信託について紹介するよ。

猫太郎
猫太郎

善は急げにゃ。はやく書いてにゃ。

タイトルとURLをコピーしました