日経平均株価が1万6千円台に 2016年11月以来の安値

市況ニュース
この記事は約2分で読めます。

日経平均終値、3年4か月ぶりの1万6千円台…アジア主要株価指数も急落

18日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は前日比284円98銭安の1万6726円55銭となり、終値としては2016年11月以来、約3年4か月ぶりに1万7000円を割り込んだ。前日の米株価の上昇の流れを引き継ぎ、朝方には一時、385円高まで上昇した。しかし、午後になって米国のダウ平均株価(30種)の先物価格が大幅に値下がりしたことを受け、日経平均も急落した。

米政府が表明した1兆ドル(約107兆円)規模の大型経済対策が好感され、前日17日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均の終値は前日比1048・86ドル高の2万1237・38ドルと大幅に上昇。この流れを受けて、日経平均も取引開始直後は買い注文が先行したが、午後に入ると売り注文が膨らみ、一時、313円安まで下落した。東京市場以外でも、香港で4・2%安、韓国で4・9%安などとアジアの主要株価指数は急落した。

讀賣新聞『https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200318-OYT1T50267/?r=1』(2020/03/18時点)
のってぃー
のってぃー

日経平均終値が2016年11月以来、約3年4ヶ月ぶりに1万7千円を割り込みました。

日経225指数 月足チャート
猫太郎
猫太郎

あわわわわ。僕のiDecoも暴落してるにゃ。
最近は白目にしてチャートを見ないようにしてますにゃ。

のってぃー
のってぃー

チャート的にはさらに1万5千円くらいまで割り込みそうだね。
しばらくは各国の経済刺激策が発表されたら少し上げて、すぐに下落という流れを繰り返しそうだ。

タイトルとURLをコピーしました