航空会社の経営悪化 国境封鎖、外出規制で打撃 5月末までに破産続出の見通しも

市況ニュース
この記事は約4分で読めます。

COVID-19. By the end of May, most world airlines will be bankrupt

By the end of May-2020, most airlines in the world will be bankrupt.

Coordinated government and industry action is needed – now – if catastrophe is to be avoided.

As the impact of the coronavirus and multiple government travel reactions sweep through our world, many airlines have probably already been driven into technical bankruptcy, or are at least substantially in breach of debt covenants.

Cash reserves are running down quickly as fleets are grounded and what flights there are operate much less than half full.

Forward bookings are far outweighed by cancellations and each time there is a new government recommendation it is to discourage flying. Demand is drying up in ways that are completely unprecedented. Normality is not yet on the horizon.

CAPA『https://centreforaviation.com/analysis/reports/covid-19-by-the-end-of-may-most-world-airlines-will-be-bankrupt-517512』(2020/03/19時点)
のってぃー
のってぃー

オーストラリアの航空業界コンサルタント会社、CAPAが発表した声明によると、コロナウィルスの影響で5月末までに航空会社の破産が続出する可能性があるとのことです。

航空各社の対応状況

  • 3月13日
    ルフトハンザ航空(ドイツ)

    数週間で最大7割の減便。株主配当中止も検討

  • 3月15日
    スカンジナビア航空(北欧)

    運航便の大半を当面欠航。従業員の90%にあたる約1万人を一時的に解雇

  • 3月16日
    アメリカン航空

    3月6日~5月6日まで国際路線を75%減便、国内路線も一部運休

  • 3月17日
    ユナイテッド航空(アメリカ)

    4月に国際路線を85%減便

  • 3月17日
    ANA

    3月29日〜4月24日まで国際路線の運休や減便、7,484便に影響

  • 3月18日
    JAL

    3月28日まで国際線の運休や減便、1,572便に影響

朝日新聞『https://digital.asahi.com/articles/ASN3J5SMQN3JULFA019.html?pn=7』(202003/19時点)

のってぃー
のってぃー

こうした減便、運休により、航空各社の収入が減り、
一方で巨額な機体の借入金返済や駐機料、人件費はかかり続けるため、
キャッシュフローが悪化しているとのことです。

のってぃー
のってぃー

CAPAの声明でも記載がありますが、キャッシュフローの悪化は特定の航空会社に限ったことでは無く、この先生き残れるのは各国政府からの支援を受けられる航空会社だけ。
その他の企業は5月末までにキャッシュがショートする可能性が高いとの見通しです。

猫太郎
猫太郎

今年のゴールデンウィークは海外に行きたかったけど、コロナがどうなってるかもわからないし、なかなか予定立てづらいにゃ。
大型連休期間中に運休や減便が続くとインパクト大きいにゃ。

タイトルとURLをコピーしました