米市場は爆上げ ダウは一時+2100ドルの急騰

アイキャッチ_個別株市況ニュース
この記事は約2分で読めます。

NYダウ、2100ドル超上昇 上げ幅過去最大

【ニューヨーク=大島有美子】24日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比2112ドル98セント(11.4%)高の2万704ドル91セントで取引を終えた。上げ幅は過去最大となった。米与野党が新型コロナウイルスの感染拡大にともなう経済対策で合意するとの観測が広がり、投資家の安心感が株の買いにつながった。

ダウ平均は3営業日ぶりに反発し、取引開始直後から上昇した。取引終了前にかけて上げ幅を急速に広げ、これまでの過去最大だった3月13日の1985ドルを大きく上回った。上昇率でみるとリーマン・ショック後の08年10月につけた値(11.1%)よりも大きく、1933年3月以来、87年ぶりの大きさとなった。

日本経済新聞『https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57194790V20C20A3000000/』(2020/03/25時点)
のってぃー
のってぃー

日本時間の昨日から爆上げしていたアメリカ市場ですが、
さらに勢いを増してダウは+2100ドル、+11%で引けました。

のってぃー
のってぃー

↓の記事でも速報した、米下院議会で大規模な量的緩和策が承認される見込みであることが急騰の背景です。

大規模あ量的緩和策についてはコチラ
タイトルとURLをコピーしました