ジョンソン・エンド・ジョンソン社がコロナワクチン開発か? 21年初頭にも提供予定

市況ニュース
この記事は約2分で読めます。

米J&J、新型コロナのワクチン供給へ 21年初頭にも

【ニューヨーク=西邨紘子】製薬大手の米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は30日、新型コロナウイルスの予防ワクチンの提供を2021年初頭にも始めると発表した。ワクチンのヒト臨床試験(治験)を9月までに開始できる見通しで、並行して大量供給に向けた準備を進めているという。生産能力は早期に年間10億本まで引き上げることが可能と見ている。

J&Jは感染病向けワクチンの開発・生産で世界大手。新型コロナ向けワクチンの開発は1月に着手し、動物実験などで有望候補の絞り込みを進めていた。3月半ばの時点で同社の研究開発担当トップは治験開始時期の見込みを11月と話しており、前倒しで開発が進んでいる模様だ。実用化したワクチンは非営利事業として低価格で供給する方針。

日本経済新聞『https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57430820Q0A330C2000000/』(2020/03/31時点)
のってぃー
のってぃー

複数の報道によると、アメリカの製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン社が、2021年初頭にもコロナウィルスのワクチンを提供できる見込みであることがわかりました。

猫太郎
猫太郎

待ってました!ついにワクチンができたのかにゃ?

のってぃー
のってぃー

現在は開発段階で、人に対する臨床試験を開始できるのは今年9月になる予定のようだよ。
そこで安全性と効果が認められれば、一気に量産体制に入るみたい。

猫太郎
猫太郎

助かりますにゃ。1日もはやく完成させてほしいにゃ。

のってぃー
のってぃー

これを受けて、同社の株(JNJ)は急騰しています。

タイトルとURLをコピーしました