【なぜ?】「東京でロックダウン=都市封鎖はできない。誤解がある」安倍首相が発言

市況ニュース
この記事は約4分で読めます。

緊急事態宣言「現時点で出す状況でない」 安倍首相 新型コロナ

安倍総理大臣は参議院決算委員会で、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、現時点で出す状況ではないとしたうえで、宣言が出されたとしても、フランスのような都市の封鎖はできないという認識を示しました。

この中で、安倍総理大臣は「緊急事態宣言」について、「今、この時点で、『緊急事態宣言』を出す状況ではないと考えている。基本的には何よりも、国民の命、健康を守ることを第一に判断していきたいと考えている」と述べました。

そして、「これが直ちにロックダウン=都市の封鎖ということでもなくフランスのようなロックダウンができるのかといえば、できない。そこには誤解がある。さまざまな要請はすることになるかもしれないが、フランスなどで行っているものとは、やや性格は違うものだ」と述べ、フランスのような都市の封鎖はできないという認識を示しました。

NHK News Web『https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200401/k10012362061000.html』(2020/04/01時点)
のってぃー
のってぃー

安倍首相が参議院決算委員会がコロナ対策について言及し、
「今、この時点で、『緊急事態宣言』を出す状況ではない」、「フランスのようなロックダウンができるのかといえば、できない。そこには誤解がある。」と発言しました。

猫太郎
猫太郎

んん?ロックダウンできないってどういことかにゃ?

のってぃー
のってぃー

別記事でも記載しましたが、安倍首相発言の背景には特措法があります。

新型インフルエンザ等対策特別措置法

新型インフルエンザ等対策特別措置法

第四十五条 特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため必要があると認めるときは、当該特定都道府県の住民に対し、新型インフルエンザ等の潜伏期間及び治癒までの期間並びに発生の状況を考慮して当該特定都道府県知事が定める期間及び区域において、生活の維持に必要な場合を除きみだりに当該者の居宅又はこれに相当する場所から外出しないことその他の新型インフルエンザ等の感染の防止に必要な協力を要請することができる。

 特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため必要があると認めるときは、新型インフルエンザ等の潜伏期間及び治癒までの期間を考慮して当該特定都道府県知事が定める期間において、学校、社会福祉施設(通所又は短期間の入所により利用されるものに限る。)、興行場(興行場法(昭和二十三年法律第百三十七号)第一条第一項に規定する興行場をいう。)その他の政令で定める多数の者が利用する施設を管理する者又は当該施設を使用して催物を開催する者(次項において「施設管理者等」という。)に対し、当該施設の使用の制限若しくは停止又は催物の開催の制限若しくは停止その他政令で定める措置を講ずるよう要請することができる。

 施設管理者等が正当な理由がないのに前項の規定による要請に応じないときは、特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため特に必要があると認めるときに限り、当該施設管理者等に対し、当該要請に係る措置を講ずべきことを指示することができる

厚生労働省『https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=78ab2871&dataType=0&pageNo=1

のってぃー
のってぃー

ロックダウンに関わる条文は、特措法の第45条に記載があります。
要するに、非常事態宣言を行っても日本では要請を出すことまでしかできず、他国のような強制力がないということです。

猫太郎
猫太郎

ええ?
じゃあ要請を無視する人は防げないのかにゃ。

のってぃー
のってぃー

残念だけど、国民1人1人の意識を高めていくしかなさそうだね。

タイトルとURLをコピーしました